お知らせ・ブログ

想い出のランドセル

もう少し大事に使えば良かったな

三人兄弟の一番下なので、いつもお下がりばかりで、初めて新品の自分の物だったランドセルが、とても嬉しかった事を覚えています。
小学校にいける事や、勉強が出来るとかはどうでもよく、自分の物と言うのがとても嬉しかったです。

入学前に背負っていた時は、お菓子とかを入れて家の中を歩き回っていましたが、実際に小学校に通うようになったころには、重くなるのが嫌でいつも学校に教科書を置いていたのでほぼ空っぽのランドセルで通学していました。
あれほど買ってもらって嬉しかったランドセルも、帰り道の公園で遊んでいる時には、投げられ、椅子にされたり、、、
僕だけかもしれませんが、あれだけ買ってもらって嬉しかったランドセルも、日に日に嬉しさや大事にしたい思いが薄れて、雑に扱われていました。
大人になって思い出してみると、もう少し大事に使えば良かったなと思います。

ランドセルファクトリーバーチャルツアー
ランドセルに詳しくなる話
ランドセルファクトリーバーチャルツアー

株式会社 榮伸 〜笑顔が浮かぶものづくり〜

総合カバンファクトリー 榮伸(えいしん)について

榮伸は、ランドセル、ビジネスバッグを始めとしたスクールバッグ及び各種鞄類の製造・販売をとおして、使用していただくお客様の「笑顔が浮かぶもの作り」を強く意識した「総合鞄ファクトリー」として、製品の品質・納期・価格その他サービス等を通じて、『最大なるお客様満足度』を目標に社員一同取り組んでおります。 新たな価値を創造する企業として、更に進化する榮伸にご期待ください。

ページ先頭に戻る