お知らせ・ブログ

想い出のランドセル

40歳に手が届こうという歳になっても、実家にランドセルはとってあります。

両親と三人で母方の実家に遊びに行って、さぁ明日は東京に戻るという前日夜。
祖父がティッシュに包んだお金で「ランドセル代」として母に渡したと聞きました。
子供心にも「電話でおじいちゃんありがとう!!」と喜んだ記憶があります。
電話の向こうで「よかよか」と笑った祖父。
決して裕福ではなく、爪に火を灯すようにして貯めたものだと後々母から聞かされました。
何せ我が家も私のランドセルを近所のお兄ちゃんからお下がりを譲り受けようか相談していたくらいです。
ありがたかったと母は言っていました。
そしてその後、すぐに亡くなった祖父。
いつも近所の海に手を引っ張って連れて行ってくれた祖父。大好きでした。
40歳に手が届こうという歳になっても、実家にランドセルはとってあります。
捨てられるわけはありませんよね。

ペンネーム:やまちま さん
ランドセルファクトリーバーチャルツアー
ランドセルに詳しくなる話
ランドセルファクトリーバーチャルツアー

株式会社 榮伸 〜笑顔が浮かぶものづくり〜

総合カバンファクトリー 榮伸(えいしん)について

榮伸は、ランドセル、ビジネスバッグを始めとしたスクールバッグ及び各種鞄類の製造・販売をとおして、使用していただくお客様の「笑顔が浮かぶもの作り」を強く意識した「総合鞄ファクトリー」として、製品の品質・納期・価格その他サービス等を通じて、『最大なるお客様満足度』を目標に社員一同取り組んでおります。 新たな価値を創造する企業として、更に進化する榮伸にご期待ください。

ページ先頭に戻る