お知らせ・ブログ

想い出のランドセル

祖父母からもらったランドセル

私のランドセルは確か、祖父母からお祝いでもらったことを記憶してます。
ピッカピカのもので、これから小学生になるんだ!
いよいよお兄さんになるんだ!って張り切ってましたねー。
当時のランドセルは今の機能性が充実したものとは違って重かったし、A4サイズのでっかい教材がはいらなかったからカブセをむりやりに閉じて上がでっぱっちゃって・・・やはりというか大事に使っていたのは最初だけ。
4年生、5年生となるにつれて大マチ部分がつぶれちゃってベコベコになってたなー。
椅子がわりに座ったり投げたりしちゃってましたしね(笑)
そんなランドセルもいつの間にやら我が家から消えてました。
悲しいかな、勝手に捨てられてました。。。
最後に見たのはいつだろう。6年生の2学期からはクラスの流行にのっかって手提げのカバンにシフトチェンジしてましたからね。
今では使い終わったランドセルをミニランドセルとして想い出を形で残せるなんてものもあったりして、自分の時代にもそういうサービスをやっているお店とかがあったらよかったなぁなんて思ってしまいます。
私事ですがつい先日、待望の男の子を授かりました。
今度は自分が息子にランドセルを選んでプレゼントしてあげる番ですね。
あ、やっぱり自分が選んでおじいちゃん、おばあちゃんに買ってもらうことにします(笑)

男性 30歳
  • 関連情報
ランドセルファクトリーバーチャルツアー
ランドセルに詳しくなる話
ランドセルファクトリーバーチャルツアー

株式会社 榮伸 〜笑顔が浮かぶものづくり〜

総合カバンファクトリー 榮伸(えいしん)について

榮伸は、ランドセル、ビジネスバッグを始めとしたスクールバッグ及び各種鞄類の製造・販売をとおして、使用していただくお客様の「笑顔が浮かぶもの作り」を強く意識した「総合鞄ファクトリー」として、製品の品質・納期・価格その他サービス等を通じて、『最大なるお客様満足度』を目標に社員一同取り組んでおります。 新たな価値を創造する企業として、更に進化する榮伸にご期待ください。

ページ先頭に戻る