お知らせ・ブログ

想い出のランドセル

お下がりのランドセル

僕の場合、兄貴が6歳上で、兄貴が中学に入学に入ると同時に僕が小学校に入学だったので、お下がりという形で兄貴が6年間使ったボロボロのランドセルを背負って入学式にのぞみました。
まわりの同級生がぴっかぴっかのランドセルの中、僕だけボロボロのランドセルだったので、少し恥ずかしいとともに同級生がうらやましかったですね。
おもいっきり兄貴が書いた落書きも残っていますしね。
当然親に新品のおねだりをしましたが「新しく買うのがもったいない」という理由で却下されました。
そんなもんだから僕にとってランドセルってのは「大切に使う」ってのが入学当初からまるでなく、よく蹴ったり投げたりして遊んでましたし、僕がそんな感じなので同級生の真新しいランドセルに対しても同様の扱いをしていました。
今思えば回りの同級生に悪い事をしたなぁなんて思っています。
さすがに丈夫なランドセルも6年間もつことも無く、壊れてきたのと妙に突っ張ってたのもあり、小学校5年生くらいで手提げのかばんに変えてましたね。
今にして考えれば小学校の時にしか背負えないランドセル。
卒業まで使っていればよかったです。
今通ってる小学生には是非とも卒業まで背負ってもらいたいもんですね。

男性
ランドセルファクトリーバーチャルツアー
ランドセルに詳しくなる話
ランドセルファクトリーバーチャルツアー

株式会社 榮伸 〜笑顔が浮かぶものづくり〜

総合カバンファクトリー 榮伸(えいしん)について

榮伸は、ランドセル、ビジネスバッグを始めとしたスクールバッグ及び各種鞄類の製造・販売をとおして、使用していただくお客様の「笑顔が浮かぶもの作り」を強く意識した「総合鞄ファクトリー」として、製品の品質・納期・価格その他サービス等を通じて、『最大なるお客様満足度』を目標に社員一同取り組んでおります。 新たな価値を創造する企業として、更に進化する榮伸にご期待ください。

ページ先頭に戻る