お知らせ・ブログ

想い出のランドセル

ランドセルで学んだ、物を大切にする思い

とても大切に使っていたランドセル。
小学校6年まで毎日使っても、キズひとつ無くとてもきれいであったことに、
私自身ちょっと誇らしく思っていた。
そんなある日、(詳細は忘れてしまったが)うっかりフェンスでランドセルをひっかけてしまい、前面に15センチ程の引っかいた感じの傷をつけてしまった。
もっと注意していれば、と幼いながら後悔した。
そのときのショックは、ランドセルのことを想い出すと、再び鮮明によみがえってくる。
今思えば、ランドセルを買ってもらった頃は、まだ幼くどれだけ高価なものかは知る由も無い。
しかし毎日ランドセルを使い自ら肌で感じることで、とても大切なもの、大事に扱わなくてはいけない、と教えられなくても感じていたのだと思う。
自分の子供も来年、ランドセルのお世話になる時期が来た。
どんな風にランドセルと過ごしていくのか、そっと見守っていきたい。

29歳 男性
ランドセルファクトリーバーチャルツアー
ランドセルに詳しくなる話
ランドセルファクトリーバーチャルツアー

株式会社 榮伸 〜笑顔が浮かぶものづくり〜

総合カバンファクトリー 榮伸(えいしん)について

榮伸は、ランドセル、ビジネスバッグを始めとしたスクールバッグ及び各種鞄類の製造・販売をとおして、使用していただくお客様の「笑顔が浮かぶもの作り」を強く意識した「総合鞄ファクトリー」として、製品の品質・納期・価格その他サービス等を通じて、『最大なるお客様満足度』を目標に社員一同取り組んでおります。 新たな価値を創造する企業として、更に進化する榮伸にご期待ください。

ページ先頭に戻る