お知らせ・ブログ

ランドセルに詳しくなる話

ランドセルの歴史

ランドセルの歴史は、古くは江戸時代にさかのぼります。
幕末の日本に西洋式の軍隊制度が導入された際、布製の背のうも同時に輪入され、軍用に供されました。これが日本のランドセルの事初めと言えるでしょう。

ランドセルのルーツ

明治時代になり、同10年10月に開校した学習院は、8年後の明治18年になって生徒の馬車や人力車での通学を禁止するとともに、軍用の背のうに学用品類を詰めて通学させることになりました。
この背のうがオランダ語で【ランセル】と呼ばれていたことから、やがて「ランドセル」という言葉が生まれ、それは通学用の背負いカバンを意味するようになりました。
そして、現在に至るまで受け継がれています。これが現在の形でのランドセルのルーツです。

学習院のランドセル

当時のランドセルは現在のリュックサックに近いものでしたが、しっかりとした箱型ランドセルの誕生は早く、学習院でランドセルが採用された2年後の明治20年、時の内閣総理大臣、伊藤博文が大正天皇の学習院入学を祝して特注で作らせたものを献上したのがその始まりとされています。

ランドセルの普及

その後、背負うことによって、子供の負担が軽減できる、両手が自由に使えるなどの長所から、ランドセルは小学生用として広く普及してきました。
しかし、ランドセルは戦前まではどちらかといえば都会型の商品とされ、地方では教科書やノートを風呂敷に包んで通学するのが一般的でした。
昭和30年代以降になると、全国的にランドセル通学が普及して行くこととなりました。
なお、世界中を見渡しても似たような背負い式の通学カバンはヨーロッパの一部で使用されているに過ぎず、ランドセルは日本独自のものと言えます。

今までのランドセル

およそ25年前に作られたランドセル

およそ25年前に作られたランドセル

2010年モデル ランドセルとの比較2010年モデル ランドセルとの比較
熟練した職人により、一つ一つ丁寧に作られるランドセル熟練した職人により、一つ一つ丁寧に作られるランドセル
ランドセルファクトリーバーチャルツアー
ランドセルに詳しくなる話
ランドセルファクトリーバーチャルツアー

株式会社 榮伸 〜笑顔が浮かぶものづくり〜

総合カバンファクトリー 榮伸(えいしん)について

榮伸は、ランドセル、ビジネスバッグを始めとしたスクールバッグ及び各種鞄類の製造・販売をとおして、使用していただくお客様の「笑顔が浮かぶもの作り」を強く意識した「総合鞄ファクトリー」として、製品の品質・納期・価格その他サービス等を通じて、『最大なるお客様満足度』を目標に社員一同取り組んでおります。 新たな価値を創造する企業として、更に進化する榮伸にご期待ください。

ページ先頭に戻る