お知らせ

お知らせや、人気のオーダーメイドの組み合わせなどをご紹介。

ランドセルに詳しくなる話

ランドセル付帯機能 「表面撥水性」のおはなし

進化する「表面撥水性」

表面撥水性イメージ表面撥水性イメージ

昔は、雨などでランドセルが濡れるとシミになったり、ヒビ割れたりしたものですが、現在では、様々な加工が施されており、神経質なお手入れをしなくとも、ひどい状態になることはほとんどありません。
そのような加工の中のひとつ、「ウレタン加工」。これによって昔と比べ、「表面撥水性」が高くなり、天候や使用環境によるランドセル素材の劣化を防ぐことができるのです。

「防水」?いえ、「撥水」です。

さて、そのような「表面撥水」加工を施されたランドセルですが、「撥水性」とは、「水をはじく」ということであって、「防水」というわけではありません。

不意な雨に降られるなどで、濡れてしまったランドセルは、そのまま放置しておくともちろん、ヒビ割れやカビの原因になってしまいます。 そのような時は、使用後すぐに乾いた柔らかい布で水分を拭きとり、日陰干しをしましょう。
当然、事前に雨対策として、レインコートやランドセル用レインカバーなどを用意しておくことも大切ですね。

ランドセル用レインカバーは、「お買い上げ頂いた方 全員に4大特典無料プレゼント! 」の中に含まれています。