お知らせ・ブログ

ランドセルに詳しくなる話

ランドセルのお手入れの仕方、教えます

ランドセルは家庭できちんとお手入れすることで、6年間綺麗にお使い頂く事ができます。その前にランドセルの使用素材について解説させていただきます。

ランドセルの使用素材にはどのような種類があるの?

一般的な使用素材としましてクラリーノ・牛革・コードバンなどがあります。

【クラリーノ】

水・傷に強い、引き裂きには弱い、重量が軽い

【牛革】

水が苦手、傷がつきやすい、引き裂きに強い、風合いがある、若干重い

【コードバン】

最高級素材、ヒビ割等おこりにくく丈夫、重量が重い

ランドセルのお手入れ方法

このような特徴を踏まえつつ、お手入れ方法についてご説明させていただきます。

ランドセルは雨に濡れることも多いと思います。ランドセルの革は、ウレタン仕上げや、撥水加工など、優れた特殊コーティングが施されていますので、多少の雨は問題ありません。しかし、濡れたままで放置しておくと革、クラリーノともに硬くなってヒビ割れを起こしてしまったり、カビが生えてしまったりしてしまいます。雨に濡れてしまった時は、すぐに乾いた布で拭いて、日陰に干しましょう。

又、夏場に汗をかくと、紐や背中に当たる部分が汗で濡れますので、雨に濡れたときと同じく、よく汗を拭いて日陰に干します。しかし、革製品は急激に乾燥させると、縮みやヒビ割れが起こる原因になりますので絶対に日陰に干し、アイロン、ドライヤーなどでは乾かさないように、お願いいたします。

又、長くお使い頂くにあたり当然ではありますが、ランドセルの汚れが目立つようになってくるかと思います。お使いのランドセルの素材によりましてもお手入れ方法が若干異なってまいります。

【クラリーノ(合成皮革)の場合】

中性洗剤(食器洗剤)を水で中和させたものに布を浸し良く絞った後に、拭き取ります。その後、乾いた布で乾拭きしてください。

【牛革・コードバン素材の場合】

専用クリーナーを用いて汚れを落とした後、乾いた布で乾拭きして仕上げて頂くというのが一般的です。

革でもクラリーノでも、ランドセルが汚れていたら、すぐにお手入れをして頂くというのが長く綺麗にお使い頂けるコツとなってまいります。

ここでひとつ注意事項です!
ボールペンやマジック等でランドセルに書いてしまったりした汚れにつきましては、いかなる手段を用いましても落とすことができません。
どうしてもインクがついてしまった個所をなんとかしたいとなりますとパーツの交換対応となり有償となってしまいますので、インク系の汚れに関しましては十分ご注意下さい。
又、ちょっとした軽い汚れなら、綺麗な消しゴムで簡単に落ちることもございます。

以上の事項を踏まえまして、ランドセルを末永く綺麗にお使い頂けましたら幸いです。

ランドセルファクトリーバーチャルツアー
ランドセルに詳しくなる話
ランドセルファクトリーバーチャルツアー

株式会社 榮伸 〜笑顔が浮かぶものづくり〜

総合カバンファクトリー 榮伸(えいしん)について

榮伸は、ランドセル、ビジネスバッグを始めとしたスクールバッグ及び各種鞄類の製造・販売をとおして、使用していただくお客様の「笑顔が浮かぶもの作り」を強く意識した「総合鞄ファクトリー」として、製品の品質・納期・価格その他サービス等を通じて、『最大なるお客様満足度』を目標に社員一同取り組んでおります。 新たな価値を創造する企業として、更に進化する榮伸にご期待ください。

ページ先頭に戻る