FAQ

ランドセルの重量が1000グラムを超えてしまいますと、重さが少々気になってしまうのですが・・・

ランドセル全般榮伸オリジナルモデル

大学ノート一冊分の重さは約200g

形がほぼ決まっている商品にて軽さを追求するには耐久性と機能性を落とすしか方法がありません。
実際には革の厚みを薄くしたり、補強を省いたり、プラスチックを多用したりとランドセルにとりましてあまり施したくない処置をし軽さを出しております。
こういったものは店頭に並んでいる状態ではなかなかわかりませんが、実際に使い始めると実感できるものばかりです。
6年間壊れず快適に使えることが当たり前のランドセルにとって、耐久性や機能性を損なうような軽量化では意味がありません。
目安としまして、大学ノート1冊分の重さが約200g程となります。実際に学校に通うようになりますと、教材等を収納したときのランドセルの総重量は約3000gから4000g程にもなります。
そういった事をご考慮頂きますと、200~300g程度の差は、ランドセルの総重量にさほど影響の大きいものでないことが、お分かり頂けるかと思います。

肩と背中に優しいフィットちゃん!&新クリップ背カン!

ランドセルを背負ったお子さまの肩を、やさしく巻き込むように肩ベルトが自然に起き上がり、肩と背中にかかる重さを軽減するように設計された機能です。ランドセルと背中の間に隙間が無くなり、背中全体でランドセルの荷重を受ける事になるので、肩への負担が少なくなります。そのため、実際の重量よりも重く感じづらく、お子さまの姿勢が悪くなるのを防止します。

お子さまの負担軽減のために

フィットちゃん未搭載

フィットちゃん未搭載

背中とランドセルの間に隙間ができてしまい、荷重がかかり、お子さまの肩へと負担がかかってしまいます。

フィットちゃん搭載

フィットちゃん搭載

背中とランドセルがピッタリとフィットし、背中全体に荷重がかかる為、肩への負担も軽減され、重さも軽く感じます。

また、店舗にご来店頂ければ実際のランドセルを背負い、重さなどのご確認をして頂く事が可能です。

店舗情報

EISHINランドセルファクトリー店舗情報
ランドマークプラザ店舗情報
ランドセルファクトリーバーチャルツアー
ランドセルに詳しくなる話
ランドセルファクトリーバーチャルツアー

株式会社 榮伸 〜笑顔が浮かぶものづくり〜

総合カバンファクトリー 榮伸(えいしん)について

榮伸は、ランドセル、ビジネスバッグを始めとしたスクールバッグ及び各種鞄類の製造・販売をとおして、使用していただくお客様の「笑顔が浮かぶもの作り」を強く意識した「総合鞄ファクトリー」として、製品の品質・納期・価格その他サービス等を通じて、『最大なるお客様満足度』を目標に社員一同取り組んでおります。 新たな価値を創造する企業として、更に進化する榮伸にご期待ください。

ページ先頭に戻る